2月 28

チーム開発でデプロイ時にどんなPullRequestが入ったかを知る方法


はじめに

Rettyではいわゆる Github Flow 的な運用をしていて、本番リリースするにあたって staging 環境でテストをしてから本番環境にリリースすることをしています。
その中で複数人で開発しているため、Pull Request のマージが多くてどんな Pull Request が今回のリリースに入ったのか気になることがありました。

今回はそれをサクッと把握するためのTIPSとなります。

チーム開発でデプロイ時にどんなPullRequestが入ったかを知る方法

git 開発者は既に私のニーズを把握していたのか?!
git log コマンドを使えば簡単に把握することができました

$ git log –left-right 1234567..abcdefg
commit > 3456789abcdefghijklmnopqrstu
Merge: 3456789 defghij
Author: hogehoge <fugafug@example.com>
Date:   Fri Feb 28 10:54:14 2014 +0900

Merge pull request #AAAA from [OrganizationName]/[branchName1]

commit message

grep と複合して使えば一覧だけ簡単に抽出することができます

$ git log –left-right 1234567..abcdefg | grep “Merge pull”
Merge pull request #AAAA from [OrganizationName]/[branchName1]
Merge pull request #BBBB from [OrganizationName]/[branchName2]
Merge pull request #CCCC from [OrganizationName]/[branchName3]
….
Merge pull request #ZZZZ from [OrganizationName]/[branchNameN]

awk とか使えばもっと複雑な出力はできそうですが、私はこの grep の結果だけでもけっこう有用でした。

おわりに

Github というか git はやっぱいいですね
Subversion も export とか結構好きだったんですけど、同様のことは git でもできるので今は git にくびったけですw

1月 31

CocoaPodsのpod installがうまく動かなくなった時に試してみること


最近お仕事でCocoaPodsを使い始めました

皆がいい!っていうのには理由があるなと感じるくらい便利でしたw
もっとはやく使っておけばよかったですorz

さて、そんなCocoaPodsライフを送っていたある日何気なくJenkinsの結果をチェックしていたらエラーが出ていたので何かと思ってみてみました。

[!] Pod::Executable pull
U    CardIO/3.2.0/CardIO.podspec
U    CardIO/3.2.2/CardIO.podspec
U    CardIO/3.2.3/CardIO.podspec
U    CardIO/3.3.0/CardIO.podspec
U    CardIO/3.4.1/CardIO.podspec
U    CardIO/3.4.3/CardIO.podspec
U    CardIO/3.4.4/CardIO.podspec
A    FXBlurView/1.5.2/FXBlurView.podspec
A    FXKeychain/1.5/FXKeychain.podspec
A    YandexMobileMetrica/1.2.0/YandexMobileMetrica.podspec
Pull is not possible because you have unmerged files.
Please, fix them up in the work tree, and then use ‘git add/rm <file>’
as appropriate to mark resolution, or use ‘git commit -a’.

… CocoaPods の pod install がうまく動作していないorz

色々ググってみるけど、なんかよくわからない(汗

2014/1/31 14:00 追記
公式ページにアナウンスがありました!

$ pod repo remove master
$ pod setup


かろうじて下記のStackOverflowの記事を発見

http://stackoverflow.com/questions/16049335/cocoapods-pod-install-permission-denied/17542841#17542841


なるほどなるほど、~/.cocoapods と ~/Library/Caches/CocoaPods のパーミッションを疑えと
でも、チェックしてみても正常なパーミッションになっている


もうよくわからんのでこれらのファイルをなかった事にして pod setup をやってみたらうまくいきました

バックアップ

$ mv ~/.cocoapods ~/cocoapods
$ mv ~/Library/Caches/CocoaPods ~/CocoaPodsCaches

再度 pod setup

$ pod setup

pod installしたら成功!

$ pod install
Analyzing dependencies
…ライブラリインストール…
Generating Pods project
Integrating client project


みなさんもpod installに失敗したら試してみてください!
バックアップしたファイルはてきとーに削除しておきましょう

# workspaceが再度生成されていることを確認
$ ls ~/.cocoapods
$ ls ~/Library/Caches/CocoaPods

# バックアップしたものを削除
$ rm -rf ~/cocoapods
$ $ rm -rf ~/CocoaPodsCaches

1月 27

第22回 iPhone Developer Workshop

第22回 iPhone Developer Workshop を 2014/02/23(日) 10:00 – 18:00 に東京都渋谷区の「株式会社VASILY」にて開催いたします。

午前中は技術情報セミナーを予定しています。
発表してみたい!という方はお問い合わせのページよりご連絡いただければと思います。
なおWorkshopは途中参加、途中退出も、自由です。

以下、第22回Workshopの詳細です。

【開催日】
2014/02/23(日) 10:00 – 18:00

【開催場所】
株式会社VASILY(東京都渋谷区恵比寿3-42-13)
東京都渋谷区恵比寿3-42-13

【参加費】
無料

【定員】
15名

【スケジュール】

  • 10:00 – 11:50
    • マルチピアキャスト関連のお話(櫻井)
    • その他発表内容募集中!
  • 11:50 – 12:00
    • 名刺交換
    • 名刺は必須ではないので、名刺交換をしたい方のみでけっこうです
  • 12:00 – 13:00
    • お昼ご飯
  • 13:00 – 18:00
    • Workshop
    • 午後はもくもくと開発をする時間となります

参加はATNDページからお申し込みくださいませ!
ATNDページを開く

1月 27

Qiitaはじめました


冷やし中華はじめました的なタイトルですが、「Qiita」というサービスを始めてみました。
会社で開発している時に得たTIPSとか謎解きした内容とか忘備録とかあげていきたいと思います。

アカウントはこちらなのでもしよろしければフォロー&ストックよろしくお願いします!

Qiita

7月 21

【レポート】第二十一回 iPhone Developer Workshop

第二十一回 iPhone Developer Workshop を 2013/6/29(土) 10:00 – 18:00 に東京都渋谷区の「株式会社ファンコミュニケーションズ」にて行いました。
会場をお貸しいただきましたsnicker_jpさん、ありがとうございました!

また第二十一回は、午前9名・午後11名の参加者の方にご参加いただきました。
皆様お疲れさまでした!
今回も午前はアプリ開発セミナー、午後はもくもくとiPhoneアプリ開発を行う会となりました。

櫻井からは「WWDCのお話」というタイトルでお話させていただきました。

内容としては、NDAの範囲内でWWDCに初参加するにあたって学んだいくつかの内容についてシェアさせていただきました。
2014年以降にWWDCに参加する方の参考になれば幸いです。

  • チケットの購入とホテル予約の注意点
  • トラブったことや気をつけたほうがいい所
  • シリコンバレーの各企業の訪問について
  • WWDC外のオススメの観光
  • WWDCで持って行って良かった物・持っていくべきだった物
  • etc…

資料はちょっと色々な小ネタを挟みすぎたため今回は資料の公開は無しとなりますm(_ _)m

snicker_jpさんからは「「Windows Azure」 の Mobile Services」というタイトルでお話いただきました。

内容としては、Microsoftがサービスを提供している「Windows Azure」上でiPhone・Android・Windowsアプリの開発を加速する「Mobile Services」というBassサービスが始まったことの説明と、その上でどのようなことができるかについてお話いただきました。
発表の最後には「Mobile Services」を使ったFB連携ログイン、簡単なデータストアのハンズオンデモをしていただきました!
こんな短時間でFB連携ログインやデータストアを実現できるのはちょっと驚きだったので、これから開発を始める人のひとつの選択肢になりそうですね。

午後はもくもくと各自のテーマについて開発を行っていました。
今回の勉強会に参加されていた方の各種テーマです。

  • カレンダーアプリのMacAppへの移植
  • Evernoteのリマインダ機能を利用した機能追加
  • しりとりゲームアプリの開発
  • CollectionViewの実装
  • 目標設定アプリの機能追加
  • タスク管理アプリの開発
  • 酒管理アプリの開発とAndroidアプリの勉強
  • cocos2d-xのゲーム開発
  • アプリのローカライズ
  • PhoneGapでのゲーム開発
  • Windows Azure Mobile Servicesの勉強

午後の勉強会の様子ですが、今回はAppleTVのラジオ機能を使ってBGMを流しながら集中して作業してました!

暑い日でしたが、涼しいオフィス環境の中で気持よく作業させていただきました〜。
午後3時と午後6時には写真のように中間発表と成果発表の時間を設けて、これまでの進捗と詰まってしまってわからないところを質問しあえる場を設けました。

次回の勉強会は日程と場所を調整中のため、確定したらまた公式HPとメーリングリストで告知したいと思います!

6月 05

第二十一回 iPhone Developer Workshop

第二十一回 iPhone Developer Workshop を 2013/6/29(土) 10:00 – 18:00 に東京都渋谷区の「株式会社ファンコミュニケーションズ」にて開催いたします。

午前中は技術情報セミナーを予定しています。
発表してみたい!という方はお問い合わせのページよりご連絡いただければと思います。
なおWorkshopは途中参加、途中退出も、自由です。

以下、第二十一回Workshopの詳細です。

【開催日】
2013/6/29(土) 10:00 – 18:00

【開催場所】
株式会社ファンコミュニケーションズ(東京都渋谷区渋谷1-1-8)
株式会社ファンコミュニケーションズ

【参加費】
無料

【定員】
20名

【スケジュール】

  • 10:00 – 11:50
    • WWDC 2013のお話 ※NDA以外の内容(櫻井)
    • その他発表内容募集中!
  • 11:50 – 12:00
    • 名刺交換
    • 名刺は必須ではないので、名刺交換をしたい方のみでけっこうです
  • 12:00 – 13:00
    • お昼ご飯
  • 13:00 – 18:00
    • Workshop
    • 午後はもくもくと開発をする時間となります

参加は以下のフォームから必要事項を記入の上お申し込みください。


[contact-form]

6月 03

【レポート】第二十回 iPhone Developer Workshop

第二十回 iPhone Developer Workshop を 2013/05/18(土) 10:00 – 18:00 に東京都飯田橋の「株式会社インターファクトリー」にて行いました。
会場をお貸しいただきました「株式会社インターファクトリー」の石上さん、ありがとうございました!

また第二十回は、午前10名・午後10名の参加者の方にご参加いただきました。
皆様お疲れさまでした!
今回も午前はアプリ開発セミナー、午後はもくもくとiPhoneアプリ開発を行う会となりました。

櫻井からは「Google Admob メディエータで広告最適化」というタイトルでお話させていただきました。

内容としては、iPhoneアプリの収益化として広告モデルがあるけれど、広告のメディエーションサービスを使って広告表示や収益を最大化しよう!というものでした。
iAdについてはかなり安定して使える印象がありましたが、AdNetworkによってはクラッシュが頻繁に起きたりすることもあるようなので評価をしっかりしてからリリースすることが大事だと感じました!
クラッシュの検知については前回お話したCrashlyticsの勉強会資料も参考になると思いますので、興味があれば合わせてお読みください。

丹羽さんからは「Instrumentsを使ったメモリ管理」というタイトルでお話いただきました。

内容としては、iPhone5 に比べてメモリが少ないiPod Touch 4thでも安定して動作するアプリを作るためにInstrumentsでメモリの利用状況について確認する術を学ぼう!というものでした。
私もARCになってからは勝手に全部開放してくれるとか勘違いして痛い目にあったことがありますので、この技術についてはとても参考になりました。
特にブロックやコードジャンプの詳細などについて、知らなかった使い方もあったので非常に勉強になりました!

午後はもくもくと各自のテーマについて開発を行っていました。
今回の勉強会に参加されていた方の各種テーマです。

  • 目標設定アプリの製作
  • Box2dの勉強
  • 毛抜きカジュアルゲームの作成
  • OpenCV
  • Unityのゲーム制作
  • AVFoundationの勉強
  • クイズアプリの制作
  • AppCodeの作成

午後の勉強会の様子ですが、ゆったりした空間でのんびりとコーディングしてました!
いやはやキレイなオフィスで羨ましい限りです。。。
しかもマッサージチェア付き!!w

今回は人数も10名程度だったので15時に全員で発表と質問コーナーを設けました。
18時からは全員で本日の成果について発表と質疑応答などをしました。
今回もCocos2d-xのアニメーション作成ツールや、Unityでのアニメーション補完機能など面白い話が聞けてとても勉強になりました。

次回の勉強会は日程と場所を調整中のため、確定したらまた公式HPとメーリングリストで告知したいと思います。
6月はWWDCに参加できることになったため、次の勉強会ではそのあたりの話なんかもできればとおもいます!

4月 23

第二十回 iPhone Developer Workshop

第二十回 iPhone Developer Workshop を 2013/05/18(土) 10:00 – 18:00 に東京都飯田橋の「株式会社インターファクトリー」にて開催いたします。

午前中は技術情報セミナーを予定しています。
発表してみたい!という方はお問い合わせのページまたは、@saku2sakuにMentionなどでご連絡いただければと思います。

なおWorkshopは途中参加、途中退出も、自由です。
以下、第二十回Workshopの詳細です。

【開催日】
2013/05/18(土) 10:00 – 18:00

【開催場所】
株式会社インターファクトリー(東京都千代田区富士見2-7-2 飯田橋プラーノステージビルディング17階)
東京都千代田区富士見2丁目7−2

【参加費】
無料

【定員】
20名

【スケジュール】

  • 10:00 – 11:50 技術情報セミナー
    • Google Admob メディエータで広告最適化(仮)(櫻井)
    • Instrumentsを使ったメモリ管理(丹羽さん)
    • 発表内容募集ちゅう!!
  • 11:50 – 12:00 名刺交換
    • 名刺は必須ではないので、名刺交換をしたい方のみでけっこうです
  • 12:00 – 13:00 お昼ご飯
  • 13:00 – 18:00 Workshop
    • 午後はもくもくと開発をする時間となります

参加は以下のフォームから必要事項を記入の上お申し込みください。


[contact-form]

4月 23

【レポート】第十九回 iPhone Developer Workshop

第十九回 iPhone Developer Workshop を 2013/04/14(日) 10:00 – 18:00 に埼玉県さいたま市大宮の「コワーキングスペース 7F」にて行いました。
会場をお貸しいただきましたコミュニティコムの星野さん、ありがとうございました!

また第十九回は、午前8名・午後8名の参加者の方にご参加いただきました。
皆様お疲れさまでした!
今回も午前はアプリ開発セミナー、午後はもくもくとiPhoneアプリ開発を行う会となりました。

櫻井からは「Crashlyticsでクラッシュ撲滅作戦」というタイトルでお話させていただきました。

アプリのクラッシュログを自動収集してくれる神サービスの「Crashlytics」のプロジェクトへの導入とどんな情報が取れるかについてお話させていただきました。
Appleさんのクラッシュレポでは全然情報がとれないけど、AppStoreのレビューに★1が並んで(`・ω・´)としている方にはうってつけのサービスです。
それとレビューにはあがってこない未知のクラッシュについても情報がとれるので、Google Analytics以来に絶対入れたほうがいい!と思えるサービスでした。

高橋さんからは「nendの導入と使い方」というタイトルでお話いただきました。
内容としては、広告ネットワークのnendについて高橋さんからnendを導入するメリットや、広告フィルタリング、コンバージョンアップについてのお話をいただきました。
私もさっそく実践していきたいと思います!

午前の勉強会の様子です。
広々とした空間の中でゆったりプレゼンさせていただきました!



午後はもくもくと各自のテーマについて開発を行っていました。
今回の勉強会に参加されていた方の各種テーマです。

  • 目標設定アプリの製作
  • ゲームアプリの製作
  • アドの設定の仕方
  • 家計簿アプリ
  • PUSH通知
  • 飲んだお酒のログアプリ
  • カジュアルゲームアプリ
  • 引っ越し先を決めるw

午後の勉強会の様子ですが、皆さん今回ももくもく開発しております!

今回は人数も10名程度だったので15時に全員で発表と質問コーナーを設けました。
18時からは全員で本日の成果について発表と質疑応答などをしました。
今回も面白い話やCoronaの強力さなど新しい話が聞けて楽しかったです!

次回の勉強会は、2013/5/18(土) に東京都飯田橋の「株式会社インターファクトリー」にて開催いたします。
また、午前中はiPhoneアプリに関するセミナーを開催したいと思いますので、「発表していみたい!」という方はWebサイトの問い合わせか、@saku2sakuにMentionでご連絡いただければ幸いです!!

第二十回勉強会の参加申込ページはこちらになりますのでご都合があえば是非ご参加くださいませ〜

4月 17

Google Map SDK for iOS を 1.1.0 から 1.1.2 にアップデートしてみた


タイトルのとおりでGoogle Map SDK for iOS を 1.1.0 から 1.1.2 にアップデートしてみたのですが、その際に単純にGoogleMaps.frameworkを上書きしただけでは駄目だったのでメモを残しておきます。

エラー画面はこんな感じ。

なんだか、__vector_base_commonやら、basic_stringがどうとか色々でてます。

ここで思うのはまずは公式のリリースノートの確認。
すると案の定ありました。

「Updated the SDK to use libc++ instead of libstdc++.」と。
あー、つまり前まで「libstdc++.dylib」入れていたのを「libc++.dylib」にしろってことね。

それでライブラリを変更してみたら・・・案の定無事ビルドとおりました。

めでたしめでたし。

古い記事へ «

edited by